デザインテクニック

食べ物を如何に美味しそうに見せるかは広告の基本ですが、そのリアリティーを出す為には立体感と色の再現性が絶対的要素と言えます。物体を撮影する場合、殆どの人が前からの光に神経質になり、被写体に向けて直接的に照射する方法を選ぶようですが、順光では立体感を表現する事は不可能です。必ず逆光の柔らかい光で浮き上がらせる事が基本になります。しかし、後ろからの照射だけでは手前が暗くなり影を作ってしまい、リアル感を出すには不適当です。鮮やかな色を出すには前からの明るさを補わなければなりません。その場合、注意する点は、後ろ側からよりも手前の明るさが勝たないように調整する事です。そして、直線的に捉えるのではなく、必ず弱い光が満遍なく部屋全体に行き渡るような工夫が必要でしょう。料理の画像が基本的に適正露出よりも明るくする方が広告媒体としてはノーマルと言え、レフ板やディフューザーを上手く多用して理想の空間を作り上げることが不可欠です。