柔軟性

世の中には数多くの物質が氾濫し、特定のジャンルに絞っても数え切れない商品の数が存在します。その中で、たった一つを際立たせるために広告媒体があるのですが、物品の数と同じくらい、その方法にも様々な表現方法があります。しかし、如何なる手法を用いてもクリエーターサイドのスタンスとして必要な事は、常に柔軟性を持って思考回路を働かせるところにあります。ひとつの側面に固執してしまうと、そこでイメージは限定され、在り来たりな表現で終わってしまうことに成りかねません。如何に消費者にアピールするかは、その消費者のツボを心得ていないと不可能であり、それは多角的視点からの考察でないと可能となる事はありません。これは、商品を見る目だけでなく、多くのスタッフとのコラボレーションで成立する現場に於いても、人間関係の上で、非常に重要な項目であり、それぞれが持つ個性を理解し、協調する姿勢に繋がる大きな武器と言えるのではないでしょうか。