素人のスナップ写真

瞬間を切り取る画像は連続する物とは違って、100%偶然性に依る物である以上、二度と再現出来るものではない。だからこそ貴重で面白い表現が可能になり、素人のそれは、時としてプロが綿密な計画の下に遂行して完成させる画像よりも遥かに魅力的な表現になる場合も多々ある。私が好きなのは意図性が無いもの。結果を狙った撮影は、随所にその企みが見え隠れし素直に楽しめない。ところが、風景を美しいと感じ、動物を心から可愛いと思った瞬間は、偽り無く被写体に対する感情が迸る故に、きっと思いがけず素晴らしい画像が成立することになるのだろう。プロの場合は明らかな目的が存在し、それに向かう労力も半端なものではない以上、感情で処理する事は不可能と言える。意図性が無くては逆に仕事として成就できない。時として素人のスナップ写真に感動すら覚えるのは感情移入の瞬間値が巨大であるからかも知れない。