質感描写

如何なるジャンルの広告であっても質感描写がキーワードになり、商品の購買力を決定すると言っても過言ではありません。人物に於ける肌つや、花や樹木の息吹、野菜や果物のフレッシュ感、生地の風合いなど、その表現は非情に幅が広く撮影する側のテクニックによって見る側のインパクトに大きく影響することになります。被写体のデコレーション、ライティング、フレーミング、シャッタースピードの調整によって様々な効果を生み出しバランスの取れた描写を作り出さなければなりません。質感が上手く描写できなければ色が鮮やかでも、コーディネートが良くてもCM効果は殆ど無いと言ってもいいのではないでしょうか。また、質感描写は撮影する側のテクニックだけに限らず、印刷技術にも大きく左右される事を忘れてはなりません。いくら完璧に撮る側の実力を発揮しても印刷に於ける技術の力量が劣っていると質感の描写は成立しません。従って業界のコラボレーションは非情に重要な項目になるのです。